ストレッチで体を起こす

ストレッチは脳を起こすのに、需要な役割をしています。

大体眠くなるのって体を動かさず、じっと椅子に座っているときですよね。

体を動かさず、脳が勉強に飽きてくるとどんどん眠くなります。

ですので、少しでもいいので体を動かしましょう。

脳に少しでも刺激を与えてあげてあげましょう!

 

環境を変える

眠くなってきて、まだやれる!とか思いながらそのまま続けていると、

気づかないうちに寝ていますね

そうなる前には、トイレにいったり、立って飲み物を飲んでみたり、場所を変えたりしましょう。

航大では自分の部屋と自習室があるので、眠くなったら部屋を移動するのも一つの手です。

栄養を摂取

眠くなる原因のひとつとして、脳に必要なブドウ糖が不足しているということもあります。

脳に足りないブドウ糖を補うには、何かお菓子でもいいので食べることです

体は疲れていないけどなんか頭が働かず眠いなんて時は、

脳に糖が足りていない可能性があります。

すかさず一口摂取しましょう!

まとめ

頑張っている受験生にとっては、

自分が思っているより体は疲れていると思いますので、

しっかり労ってあげましょう。

体を動かしたり、ブドウ糖の摂取をすることで、

パフォーマンスが上がるかもしれません、

寝ちゃってから後悔するのは嫌ですよね、、

はやめはやめに対処しましょう!

そしてどうしても限界なときは、仮眠をとるべきです。

その時は必ずアラームを使って、

メリハリを持って休みましょう!

 

結局のところは、どれだけの成果をだせるかなんで、

自分にあったやり方を選んでいきましょう!!

航大生の勉強についてはこちらも御覧ください!

Twitterでフォローしよう